国際取引(英文契約)経験豊富な弁護士皆川克正 〜皆川恵比寿法律事務所〜
ホーム 英文契約とは 英文契約サービス 国際取引Q&A お問い合わせ

英文契約とは

ビジネスのグローバル化が進んだ現代において、大企業だけでなく、中小企業も、避けて通ることのできないのが英文契約です。

取引相手からの口頭での説明を信頼し、相手方から提示された英文契約の内容を十分検討せず、契約を結んでしまい、後日トラブルが生じたときになって、初めて、口頭での説明と、契約書の記載内容が異なることが判明したという事例は後を絶ちません。
photo

英文契約とは


現在、英語を母国語としない国でも、国際取引の際に英文での契約書を交わすことが主流となっております。

契約書で用いられる英語には、日常会話では用いられない特殊な用語が使われることが多く、いかに英語に堪能であっても、法律の専門知識や英文契約の作成・交渉経験なしに、英文契約の内容を正確に把握することは非常に難しいです。

翻訳会社に英文契約の翻訳を依頼したものの、出来上がった翻訳を何度読んでも、直訳や不正確な訳が多く、内容を十分に理解できないという経験がある方は少なくありません。

英文契約につき豊富な経験を有する弁護士を起用し、相手方から提示された英文契約書の内容やリスクを正確に理解した上で、英文契約を締結することが、後々のトラブルを避けるためには不可欠です。

また、日本企業が英文契約書のドラフト(原稿案文)の提示を海外の企業から求められた際に、個別の事案や事情を十分踏まえ、細かいニュアンスも含め適切に規定されたテイラーメイドの英文契約のドラフトを作成することは、市販の英文契約書に関する書籍や辞書を参照するだけでは非常に難しいのが現実です。
 
   さらに、海外との取引ではスピードも求められますので、限られた時間内で、英文契約のドラフトを作成したり、内容を精査したり、あるいは、メールや電話等で相手方と対等に契約交渉をしたりすることは一朝一夕にできるようになるものではありません。

  そこで、御社がビジネスの様々な場面で、英文契約の締結を求められた場合は、英文契約につき豊富な経験を有する弁護士に相談し、適切なアドバイスを受けることをお勧めします。

また、すでに締結した英文契約書についても、その内容やリスクを正確に把握、検討し、必要に応じて修正を相手方に求めることが必要となります。既存の英文契約の見直しの必要性があるのは知りつつも、日々の業務に追われて、なかなか時間が割けないという場合も、専門の弁護士に相談することが1つの解決策となります。

英文契約に関連して、疑問点や相談したいことがある方は、お気軽に当事務所にご相談ください。

特に、下記の内容に当てはまる企業様は是非一度ご相談ください!
・海外から取引のオファーが来ている
・英文契約書にサインを求められている
・英文契約書の作成を求められている
・締結済みの英文契約書の内容を正確に理解できているか不安がある
・国際取引に関連して、紛争を抱えている









どうぞお気軽にお問い合わせください
皆川恵比寿法律事務所

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-8-6 
共同ビル3階

オフィシャルサイト:
http://www.minagawa-law.com/

顧問弁護士.JP:
http://komonbengoshi.jp/

Copyright All Rights Resaerved.